固定回線(光回線)とモバイルルーター(Wi-Fi)・据え置き型ホームルーターの違い

 

インターネットを家で使いたい場合は、インターネット回線をどうにかする必要があります。

 

一般的には光回線などの固定回線を引く方法ですが、工事をする必要があります。

 

工事がめんどくさかったり、そもそも工事が負荷のところに住んでいる場合は、工事をしなくてもいい方法でなんとかしたいですよね。

 

 

上記のように、固定回線とモバイルルーターや据え置き型ホームルーターの違いは、工事が必要か工事不要かというのが一つの違いです。

 

工事がないために、開通までの日数に差があります。

 

光回線の工事は、申込みをしたら必ずしもすぐに来てくれるわけではありません。

 

NTTと工事の日程を決めて、さらにそれに立ち会う必要もあります。

 

その点、工事不要のモバイルWi-Fiやホームルータなら、コンセントに刺すだけでOKです。

 

 

また、現状では通信速度も違います。

 

工事不要で行うインターネットも速度が上がってきてはいますが、光回線と比べると速度は出ないのが一般的です。

 

速度については、よほど特殊な使い方をするのでなければ、使用に問題が出ることは無いです。

 

特殊な使い方というのは、すごく大きな容量のファイルを頻繁にやり取りする場合などです。

 

一般家庭で使う、動画の鑑賞やウェブサイトの閲覧、メールやLINEのやり取りやオンラインゲームでは十分な速度が工事不要のインターネットでも出ます。

 

 

昔であれば、いろいろと制約が多かった工事不要の場合のインターネットですが、最近は使い勝手も良くなり速度も十分に出るようになったのでおすすめです。

 

そこで、工事不要でインターネットを何とかする方法の紹介と、安さと機能からランキングにしてみました。

光回線の特徴は?

光回線は、お住まいの家の形態でも変わってきますが、基本的には速度が早いのが特徴です。

 

回線を引き入れるための工事が必要で、賃貸であれば管理会社や大家さんの許可が必要になります。

 

 

一戸建ての家とマンションなどの集合住宅でも工事の仕方が変わる場合もあるので注意が必要です。

 

一戸建てであれば、工事の種類は1つで、そとから線を引き入れるしか無いのですが、集合住宅だとちょっと事情が変わります。

 

大家さんや管理会社がわかっているところであれば良いのでしょうが、インターネットについてよくわからないところだと許可が出ない可能性もあります。

 

自分が住んでいる部屋に直接線を引き入れられなかった場合ちょっと面倒なのです。

 

 

メリットとしては、やはり大量に通信を行いたい場合には、力を発揮します。

 

大人数で同時に回線を使う場合などが想定されます。

 

注意したいのが、光回線だけではなく工事不要の回線も一緒ですが、カタログ上に出ている通信速度は最大値であることです。

 

光回線では1Gbpsが書かれていますが、平均的な速度で100Mbpsぐらいになることが多いです。

 

工事不要のインターネットでWiMAXというのがありますが、測定状況によってかわりますが50Mbps程度出ることが多いようです。

 

 

大容量の通信で思い浮かぶのが動画鑑賞かと思いますが、ハイビジョンクラスの画質で5Mbps程度の速度が必要とされています。

 

それから推測すると、10人ぐらいが個々バラバラに動画鑑賞しても、WiMAXで事足りるということになりますね。

ホームルーターとモバイルルーターの特徴と違い

工事不要で行うインターネットで代表的なものが2つあります。

 

使い方でどちらが良いかは決まるので、違いを説明します。

同時接続できる数

使用する機種によって変わりますが、ホームルーターは40台以上を同時接続できます。

 

一方モバイルルーターは10台前後が多いです。

 

10台つなげれば十分という人なら問題ありませんが、それ以上つなぐとなると制約がついてしまいます。

 

多くの機器を同時にインターネットに繋ぐ予定があるのであれば、ホームルーターが良いでしょう。

 

電源のとり方

モバイルルーターは持ち運ぶことを想定していますので、当然バッテリーを搭載しています。

 

それに比べてホームルーターは、据え置きで使用することを前提としているので、コンセントがないと使用できないです。

 

電波の強さ

電波の強さは、ホームルーターの強いです。

 

モバイルルーターは持ち運びを考えて、コンパクト設計になっているのでアンテナを大きくすることが出来ません。

 

それに比べて、ホームルーターは据え置き型なのでしっかりとアンテナを内蔵することが出来ます。

 

家で使うならホームルーター?

ここまで特徴と違いを書いてきましたが、ホームルーターが圧倒的に優位に感じると思います。

 

でも、モバイルルーターの最大の利点は持ち運びができるところです。

 

持ち運びができる利点ですが、通信費を抑えれるというところです。

 

通常、光回線もそうですが、家のインターネットとスマートフォンの通信費がかかるのが一般的ですよね。

 

でも、モバイルルーターを持ち運べば、スマホの通信費を抑えることが出来ます。

 

スマホの通信量ですが少ない容量の契約であれば、費用が安くすみますからね。

 

家でもインターネットを使いたいけど、通品費は抑えたい方にとってはとてもメリットがありますよ。

モバイルルーター・ホームルーターがおすすめの人

工事も不要で余計な配線などが必要のないので、モバイルルーターやホームルーターは多くの人におすすめです。

 

その中でも、特におすすめの人がいます。

 

  • よく引っ越しをする人、引っ越しを考えている人
  • 一人暮らしや二人家族などの家庭
  • 今すぐにネット回線がほしい
  • 工事不要でインターネット回線を引きたい
  • 安くインターネットを引きたい人
  • 配線などがわずらわしい人
  • 通信制限でイライラしている人

工事不要のホームルーターやモバイルルーターQ&A

上で説明済みのものもありますが、ホームルーターやモバイルルーターを使用するときによく聞く質問についてまとめておきます。

 

通信制限とか無いの?

通信制限は、3日間で10GB以上使用すると、翌日に通信制限が入ります。

 

ただ、スマホなどの通信制限とはちょっと事情が違います。

 

WiMAXを例にしますが、通信制限がかかる時間帯が18時〜26時の間です。

 

スマホのように一日中制限がかかるということはありません。

 

朝から夕方までは無制限になっているので、制限がかかる日に大きな容量のファイルを通信するのであればその前に通信しておきましょう。

 

定額の動画配信サービスなどを利用して動画を見ているのであれば、サービスによっては前もってダウンロードしておく機能もあります。

 

夜に見る予定の映画などがある場合は、昼間に見たい映画をダウンロードしておけば夜のリラックスタイムに高画質での動画鑑賞も出来ますよ。

 

 

さらに、通信制限がかかっている間の通信速度ですが、1Mbpsで規制されます。

 

これは、YouTubuであれば標準画質での視聴は可能なレベルなので、全く使い物にならないというレベルで規制はされません。

 

スマホの規制は全く使いもにならないと言ってもいいレベルで規制されてしまうので、そういった点も全然違いますね。

 

 

ちなみに、10GBというデータ量ですが想像できるでしょうか?

 

YouTubuの動画視聴を例にします

超高画質 約7時間
高画質 約13時間
標準画質 約47時間

 

視聴する末端にもよりますが、スマホでの視聴であれば標準画質でも十分に見れる画質でした。

 

三日間で47時間であれば、一日15時間以上視聴する計算になります。

 

二人で2末端を使ったとしても一日7時間以上見ることになります。

 

なので、ヘビーユーザーであれば多少設定をいじることで、制限にかかることはなくなるでしょう。

 

そもそも、一人で使う場合であれば、標準画質での視聴なら通信制限も関係なくなります。

 

オンラインゲームや動画の視聴はスムーズ?

通信速度は十分に出るので、オンラインゲームや動画視聴に問題が出ることはありません。

 

オンラインゲームの通信量ですが、FF14を例にすると1時間で30MB程度です。

 

仮に一日10時間プレイするとしても300MBぐらいですので、通信制限なども気にする必要はありません。

 

家族で利用しても大丈夫?

設置する機械への同時接続数は、機種にもよりますがモバイルルーターで10台でホームルーターなら40台同時接続が可能です。

 

スマホにPC、ゲーム機など接続してもまだまだ余裕があります。

 

モバイルルーターの方は10台なので、もしかしたら足りなくなるかもしれませんが、ホームルーターであれば40台なのでそれで足りなくなることはまず無いでしょう。

 

接続する機器が多い・増える予定があるのであれば、ホームルーターを選んでおけば問題ありません。

 

実際の通信速度はどのぐらい?

通信速度は、使用する場所や時間帯にも影響されますが、15〜80Mbpsは出るようです。

 

光回線だったとしても、時間帯や場所によって通信速度は変化します。

 

これは、ベストエフォートという方式をとっているので仕方がないこととも言えます。

 

ベストエフォートとは、回線の混雑状況が反映された通信速度が出るものです。

 

なので、夜間など比較的通信が混雑している時間帯に速度が落ちることが多くなります。

 

通信量が足りなくならない?

スマホでは1ヶ月の通信の量は契約によって決まっています。

 

決まった量を使い切ると、通信制限が入りますよね。

 

ホームルーターやモバイルルーターは、1ヶ月の通信量については無制限になっています。

 

3日間での制限はあるものの、制限は夜だけなので実質無制限と言っても良いでしょう。

おすすめのモバイルルーター比較ランキング

Broad wimax

Broad WiMAXの特徴
モバイルルータータイプとホームルータータイプが選べて、料金が安いのが特徴です。開通までの日数も短く、申込みのタイミング次第では関東エリアなら翌日、北海道や沖縄でも3日後には届いて利用できます。全国主要都市で実人口カバー率も99%で、安定したサービスです。通信量も無制限で動画視聴はもちろんのこと、オンラインゲームやインターネットなど気にしないで利用できます。
価格
2,726円〜
評価
評価5
備考
Broad WiMAXの総評
通信速度が440Mbpsと高速で、月の通信量に制限がないのがとても使いやすい上に料金もとても安いです。また、生活スタイルに合わせてモバイルルーターとホームルーターを選べるところが良いですね。将来的に使い方が変わったり、やっぱり固定回線にしたい場合など、Broad WiMAX指定のネット回線に乗り換えれば違約金がかからないところもポイントです。

SoftBank Air

SoftBank Airの特徴
SoftBank Airのホームルーターは最大で64台もの通信機器を接続可能です。通信速度は330Mbpsで通信制限がないのがうれしいですね。ただ、状況に応じては安定したサービス安定提供のために制限をかけることがあるようなので、注意は必要です。明確な基準(WiMAXなら3日間で10GBで制限をかけるのが18時〜26時に1Mbps)が無いのがマイナスポイントです。
価格
3800円〜
評価
評価4
備考

とくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBBの特徴
契約期間が2年や3年と選べるのがポイントのWiMAXプロバイダーです。制限などはWiMAXなので3日間で10GBで月の通信量は無制限です。最安値の2,170円で契約するには3年契約の必要があります。さらに、2,170円で使用できるのははじめの2ヶ月で3ヶ月目からは3,260円になり、37ヶ月以降は4,263円になるので注意が必要です。
価格
2,170円〜
評価
評価3.5
備考

インターネット契約についておすすめページ

賃貸はインターネット工事許可が必要?理由と工事不要な場合とは!
TOPへ