ホームルータで工事をしないでインターネット環境!

ホームルーターを設置すれば簡単にインターネット環境を家に用意することが出来ます。

 

マンションやアパートをはじめ賃貸は工事が大変なので、簡単にネット環境を整えたいならおすすめです。

 

当然モバイル回線を使用するので、家の工事は不要なので、大家さんに許可をもらうなどの面倒な手間は一切ありません。

 

このページではホームルーターとはどういうものかと、どんな人におすすめか紹介します。

 

ホームルーターの特徴

ホームルーターはモバイル回線を使用します。

 

なので、冒頭でも書いたように、工事の必要がありません。

 

光回線だと、すでに設置してある賃貸以外では、新たに工事をして新設する必要があります。

 

基本的には工事は立ち合いが必要なので、工事の日は予定を空けておく必要があります。

 

また、建物に光ファイバーを通す小さな穴を開ける場合もあり、大家さんや管理会社への許可も必要です。

 

モバイル回線を使用すれば、こういった手間がすべてカットできます。

 

 

モバイル回線を使用するときのルーターには「モバイルルーター」と「ホームルーター」があります。

 

ホームルーターは据え置きで使用することを前提としていて、モバイルルーターは持ち運びを前提としています。

 

ホームルーターには据え置き前提をしているからこそのメリットがあります。

 

それは、無理にコンパクトに設計する必要が無いということです。

 

 

モバイルルーターは本体を小さくするため、電波のやり取りをするアンテナが小さい等、電波の届く範囲がホームルーターに比べて狭いです。

 

一方ホームルーターであれば、しっかりとアンテナを設置するスペースを確保できるため、電波がより遠くに届くのと通信が安定します。

 

 

家で使うことを考えると、家族で使う場合も考えられます。

 

その場合もホームルーターの方が良い場合があります。

 

モバイルルーターは同時接続が機種にもよりますが10台までです。

 

それに比べてホームルーターであれば40台以上同時接続できます。

 

それほどの機器を同時にインターネットに接続することは無いとは思いますが、余力を残した状態の方が安定した通信が望めます。

 

ホームルーターがおすすめの人

ホームルーターの特徴をざっと説明しましたが、すでにどういう人がホームルーターが良いのか見えてきたのではないでしょうか。

 

  • 自分が出かけていても家でインターネットを使用する人がいる場合
  • たくさんの機器を同時にインターネットにつなげる予定がある場合
  • 外ではスマホを使うからインターネットは家にあればよい人

 

これらの人は、迷わずホームルーターを選んだほうがよいでしょう。

TOPへ