マンションやアパートで工事不要でインターネットをしたい!

集合住宅の場合に多いですが、アパートやマンションの場合は光回線の工事の許可が出なく、光回線でのインターネットを諦めなくてはいけない場合があります。

 

また、許可がもらえるとしても一般的に光回線を直接部屋まで引き込めるのは3階までの高さまでのことがあります。

 

電柱から引き込まなくては行けないので、高さの都合ですね。

 

電柱が近くにあるかどうかもポイントになってきます。

 

 

じゃぁ、マンションの4階以上の人は光回線は無理なの?って話になりますが、状況によって変わってきます。

 

マンションやアパートなどの集合住宅では、一旦マンション内の共有スペースに光回線を引き入れたあと、そこから各戸へ配線をしていきます。

 

こういう方式をマンションタイプと呼ぶのですが、条件があってその建物で加入する予定の人数が一定数以上見込めない場合は、工事をしてもらえません。

 

共有スペースに設置する機械代の都合などで、採算が見込めないとNTT側が工事をしないのです。

 

もちろん、一定数見込めた場合も、大家さんや管理会社などの許可が必要ですので、その許可が得られるかという問題もあります。

 

 

いろいろ考えていると、光回線を引き入れるのは結構面倒にも思えてきますよね。

 

なので、マンションやアパートに住まわれている方やこれから住もうと考えていて、インターネットをどうしようと悩んでいる人におすすめなのが、工事不要で高速インターネットができるモバイルルーターやホームルーターです。

 

これでしたら、大家さんや管理会社に許可を取る必要もないですし、工事の必要もありません。

モバイルルーターやホームルーターはどうやって使うの?

モバイルルーターやホームルーターは、光回線の有線接続と違って、無線でインターネットと繋がります。

 

そのため、外の電柱から室内へ光回線を引く工事が必要なくなります。

 

スマートフォンと同じ原理です。

 

 

ルーター自体に設定は必要なく、使い方も難しいことはなく、契約後に送られてくる機械(ルーター)をコンセントに挿すだけです

 

あとは、接続する機器とはWi-Fiでつなげるので、パスワードを入力するだけです。

 

ホームルーターを選べば、LANケーブルを使った有線接続もできるので、Wi-Fiを使えない機器と繋げる場合も問題ありません。

 

 

モバイルルーターなら、バッテリー内蔵で外に持ってくこともできるので、屋外でもインターネットができるようになりますよ。

モバイルルーターとホームルーターならどちらが良い?

工事不要のインターネットにはモバイルルーターをホームルーターがあると言っていますが、どっちが良いのかはライフスタイルで決まります。

 

上記で書いてあるとおり、モバイルルーターは外に持ち出せることも出来ます。

 

そうすると、普段使っているスマホの通信量の契約ですが、容量の少ないタイプに変更して通信費を安くすることが出来ます。

 

外に出たときも、モバイルルーターからインターネットに繋げば良くなるので、スマホのモバイル通信を使用しないからです。

 

ただ、持ち運べると言ってもスマホとモバイルルータの2台を持ち歩かなくてはならなくなります。

 

それに、家から持ち出してしまえば、他に同居している家族がいる場合など、家の中の通信機器がインターネットと繋がらなくなります。

 

こうしたデメリットがありますが、その点が問題なければ、通信費を安くできることから、モバイルルーターがおすすめです。

 

 

ホームルーターは持ち運びができないけど、そもそも据え置きで使用することを前提にして作られているため、デザインもよく機能もしっかりしています。

 

モバイルルーターではコンパクト設計が求められるため、電波をやり取りするアンテナ部もコンパクトに纏められています。

 

ホームルータータイプでは、しっかりと電波が送受信できるように設計されているため、電波が離れていたところでもしっかり届くようになっています。

 

また、同時に接続できる台数もホームルーターのほうが圧倒的に多く、モバイルルーターは10台前後なのに対して、ホームルーターは40台以上と圧倒的です。

 

ルーターの機能に余力を持って接続している方が安定しますので、いろいろWi-Fiなどでつなげたい機器がある人や、複数人で使いたいなどであればホームルーターのほうが向いているでしょう。

TOPへ